僕らはいつになったらリアルな愛の語らいを取り戻せるのか?・・・愛のこもったスパムメールどもをまとめてみたくなりました。
当ブログは「スパムメール」をネタにして「いじり倒し」かつ「スパムメールであることを知らしめる」ブログです。

Email: dagfisher@gmail.com

↑スパム募集中!↑

profile(お読みください)
calendar
smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
スパム取説
  • 知らない人からのメールは開きません。
  • スパムには返信しません。
  • メール内のURLはクリックしません。
  • 添付ファイルは実行しません。
  • 入会しません。
  • メールの内容は信じません
links
Twitter
最新ニュース
今日の天気予報

-天気予報コム-
icat サイバーセキュリティ注意喚起サービス (IPA)
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
インターネットで募金を
Yahoo!インターネット募金
new entries
search this site.
categories
archives
recent comment
  • [今日のすぱむさん]確かにお金は必要ですが
    kozmiclab (06/22)
  • [今日のすぱむさん]確かにお金は必要ですが
    choco (05/13)
  • [今日のすぱむさん]そろそろ理由を知りたいと思うのですが
    kozmiclab (05/08)
  • [今日のすぱむさん]そろそろ理由を知りたいと思うのですが
    はるまき (05/07)
  • [今日のすぱむさん]助けてください
    kozmiclab (11/27)
  • [今日のすぱむさん]助けてください
    はるまき (11/26)
  • [今日のすぱむさん]自分の夢もほぼ叶えられて本当に毎日ハッピーなんです(*^-^*)
    kozmiclab (10/03)
  • [今日のすぱむさん]自分の夢もほぼ叶えられて本当に毎日ハッピーなんです(*^-^*)
    はるまき (09/29)
  • [今日のすぱむさん]どうせ騙しか何かだろ!!
    kozmiclab (09/19)
  • [今日のすぱむさん]どうせ騙しか何かだろ!!
    はるまき (09/14)
recent trackback
<< 報告です。 | main | やっとブログ完成しました^^([連作]kanaちゃん続編) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

[スパムニュース]海外発も規制対象に 総務省が改正法案

やっと気がついたのでしょうか。

<迷惑メール>海外発も規制対象に 総務省が改正法案
総務省は17日、現在は事実上「野放し」になっている海外発の迷惑メールを規制する方針を固めた。迷惑メールへの規制を強化する改正法案を次期通常国会に提出するのに合わせ、海外発メールも同法の対象とすることを指針で明確化。日本国内への迷惑メール送信が確認された海外の各国政府に対し、送信者の個人情報を提供、取り締まりを要請する。第1弾として、近く開催される日中韓情報通信相会合で3国合意を目指す。

迷惑メールはかつて「国内発」が多かったが、最近は「海外発」が急増。総務省によると、07年上半期ではパソコンあて迷惑メールのうち94.5%、携帯電話あてでは48.4%が海外発という。しかし、現行の迷惑メール法を海外発メールに適用できるかあいまいだったため、法改正を機に海外発メールにも適用できることを指針に明記することにした。(毎日新聞)

また、「迷惑メール送信者に対する罰金額の上限を現行の「100万円」から10倍以上に引き上げる」とも。

「網」が広がってよかった、とも思うのですが、結局「いたちごっこ」になりはしないか、とも思います。

送信元などいくらでも変えられる(偽装・物理的とも)のですから。


以前のような、純粋な「マーケティング」目的から、現在は犯罪(ワンクリック)誘導が目だってきています。

早急な対応が望まれますね。「行き過ぎ」や「転嫁」が少し不安ですけど。

JUGEMテーマ:インターネット


at 23:35, kozmiclab, スパムニュース

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 23:35, スポンサードリンク, -

-, -

comment(当分の間「承認制」とさせていただきます)









trackback

「リンクなしトラックバック拒否」に対応致しました。
トラックバックされる場合は、当記事へのリンクをしていただけるようお願い致します。

url:http://foodbrain.jugem.jp/trackback/1962